リンク
★新ブログ★
本田宗一郎 in アメブロ

本田宗一郎 ホームページ
トップ
ライブ情報
プロフィール
ディスコグラフィー

本田宗一郎 1st アルバム
「全生活カタログ」

メジャーデビューシングル
「休日の空」
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:日々携帯写真( 75 )
夜船閑話・終わり
e0068127_1362557.jpg

e0068127_1365188.jpg

e0068127_1371445.jpg

e0068127_1374089.jpg

e0068127_1381077.jpg

e0068127_1383384.jpg

e0068127_1385730.jpg

ナイトクルージング、終わりにします。



ソローsaid,

「ぼくが森を出たのは、森へ入ったときに劣らず、ちゃんと理由があってのことだった。たぶんぼくにはほかにもいくつか生きてみるべき生活があり、これ以上今の生活だけに時間はさけないと思えたのだ。ぼくらは驚くほど苦もなく、しかも知らずしらずのうちに特定の道すじに嵌まりこみ、踏み慣れた道を自分で作ってしまう。森で暮らし始めて一週間もたたぬまに、ぼくの足はもう小屋の前から池の岸までひとすじの小道を踏み開いていた。おまけにそこを歩いていた頃からもう5、6年はたつのに、今でも道すじはくっきりしている。むろんこの道に嵌まりこんだ者はほかにもいて、ひょっとしたらそれでいつまでも消えずにいるのかもしれない。大地の表面は柔らかく、人が踏めば跡がつく。精神の旅する道も同じことだ。とすれば、世界の街道はさぞかし踏みしだかれ、埃だらけとなり、伝統と順応の轍もさぞかし深く刻まれているにちがいない。ぼくは船室の客となって旅をするより、むしろ平水夫のまま、世界の甲板の上にとどまっていたい。そこなら山間に満ちわたる月の光がいちばんよく見える。もう二度とぼくは船室に戻りたくない。」

from ヘンリー・D・ソロー 『ウォールデン』 (酒本雅之訳)
[PR]
by hondasoichiro2 | 2010-01-11 03:08 | 日々携帯写真
夜船閑話・参
e0068127_1222653.jpg

e0068127_1224724.jpg

e0068127_1233546.jpg

e0068127_124447.jpg

ソローsaid,

「やがて、実体の名にふさわしい確固たる岩底を掘り当てたら、そうだ、こいつだ、間違いないと言うことにしよう。始めるのはそれからだ。洪水や霜や火災も届かぬあたりに拠点があれば、そこなら壁だろうと国家だろうと建設出来るし、街灯を建ててもびくともしない。それともいっそ計器でもかまわないが、水位測定器の代りに実相測定器でも据えつけたら、見せかけと外観の洪水がときにはどれほどの深みになったかが、未来の時代にもわかるかもしれない。事実にきちんと直面し、まともに立ち向かえば、事実が半月刀さながらに両面に日差しを浴びて輝くさまが見え、その見事な刃におのれの心髄をまっぷたつに両断される思いがして、おかげで限りあるおのれの生涯にも運良くけりがつけられるという寸法だ。生きることになろうと死ぬことになろうと、ぼくらが切望するのは実相だけだ。もしも死ぬことが定めなら、喉にひびく喘鳴を聞きながら、手足が冷えるのを感じるとしよう。生きることになれば、なすべきことに励めばいい。」

from ヘンリー・D・ソロー 『ウォールデン』 (酒本雅之訳)
e0068127_1215810.jpg




あぁ、コーヒー飲み過ぎだ、、、。
コンピューター使い過ぎだ、、、。
明日はシンプルに楽器を弾こう。
早寝早起きをして曲作りしよう。ランニングもしよう。
新しい季節に向けて、ウォーミングアップをしておかなきゃ。

今年は出かける!
外に出る、街に出る、旅に出る。
出会いに行く、握手をしに行く、抱擁をしに行く、歌い合いに行く。
あの娘に会いに行く、アイツに会いに行く、あの人に会いに行く。
キミに会いに行く。

どこまで行けるかだ。
まだ見たことのない自分に会いに、、、行く!!!!!



(さっきまでやってた)曲作りとコーヒーでこんなに興奮して、眠れるのかオレ、、、(笑)。
e0068127_124256.jpg




追伸:むかし一緒にバンドをやってた仲間からの年賀状に「ヤーマン。あいかわらずキザだね」と書かれていた(笑)。
ウーン、どうやらずっと気取っているらしい。でも性分だ、仕方ない。
マンダム、マンダム!
ナンマンダブ。
[PR]
by hondasoichiro2 | 2010-01-10 02:23 | 日々携帯写真
夜船閑話・弐
e0068127_2162357.jpg

e0068127_2164485.jpg

e0068127_217744.jpg

e0068127_2173541.jpg

e0068127_2175683.jpg

e0068127_2181654.jpg

e0068127_2183454.jpg




(↓説教臭く感じてしまうかもしれませんが、、、、。あしからず。)

ソローの言葉を今日も自分にいいきかせてみる、、、。


  ソローsaid,

「教会、裁判所、刑務所、商店、それとも住居を眺めながら、目の前のそのものが真のまなざしに凝視されればどんな実相をみせるか考えてみるといい。物語ろうとすれば、すべてこなごなに砕け散ってしまうはずだ。世人は真理が遠く遥かに、たとえば宇宙の果て、最果ての星のかなた、アダムより前、人類最後のひとりよりも後にあると思い込んでいる。永遠ということには確かにどこか真実で崇高なところがある。しかし生活を織り成す時間や場所や出来事は、すべていまとここばかりだ。神自身でさえ窮みに届くのは現在のこの瞬間をおいて他にはなく、どれほど時代が経過しても、いまほどに神々しくなることはついにない。だからぼくらがともかくも崇高で高貴なものを理解出来るには、ぼくらを取り巻く実相がひっきりなしに注ぎ込み、潤してくれることがなんとしても欠かせない。ぼくらの思いに宇宙はたえまなく従順に応えてくれるし、旅行くぼくらの歩みが速かろうと遅かろうと、とにかくぼくらの軌道は敷かれている。だから怯むことなく生涯かけて、さまざまな思いをいだいてみようではないか。詩人や芸術家がどんなに美しく高貴な構想をいだこうと、いまだかつて彼の後裔の、少なくとも誰かが、それを成就出来なかったためしはない。」

from ヘンリー・D・ソロー 『ウォールデン』 (酒本雅之訳)
[PR]
by hondasoichiro2 | 2010-01-09 03:18 | 日々携帯写真
夜船閑話・壱
「夜船閑話」というのは、ぼくの好きなお坊さん「白隠」の著わした本のタイトル。
なんとなく夜を彷徨う記事にふさわしいかと、、、。
(写真として楽しんでいただければ幸いです。昨年に撮ったものですが、、、。)


BGMはゆうべから、ポール・マッカートニーのアルバム「Ram」。少しでも愉快に。
時々「空耳」になって困る。ドラえも〜ん、とか。
尾道の友だち永井くんのバンドの曲を思い出すなぁ、、、。(尾道のみなさん、お元気ですか?)



e0068127_1383745.jpg

ちょっと船のよう、、、。
e0068127_1391145.jpg

バルセロナ、ではなく南大沢。
e0068127_1393681.jpg

本、という字にはなぜか反応してしまう。
ひょっとして、いままでで一番書いた漢字かな(笑)?
お電話下さい!
e0068127_1395826.jpg

工事現場。
なんとなくガンプラとか置いてありそうな、ジオラマ的な雰囲気。
e0068127_13102355.jpg

代沢から、
e0068127_13104841.jpg

淡島方向へ。
e0068127_13111376.jpg

「止まれ」と書いてあるので、、、。
アレ、でもこれひらがなだ。ひらがなも漢字もあるのか、、、。気がついていなかった。
e0068127_13114616.jpg

ウナ・セラ・ディ、、、やすらぎ東京。



年末年始、思いもかけずたくさんの方にアクセスしていただきました。
みなさんありがとうございます。
最近は写真ブログと化していますが。
冬眠が終わったら、、、たくさん書きます。
いまいろいろと「下ごしらえ」しているところです。



「閑かな歌」が届いているなら嬉しいです、、、。
[PR]
by hondasoichiro2 | 2010-01-08 13:34 | 日々携帯写真
How are you?
e0068127_15171837.jpg

e0068127_15174816.jpg

e0068127_15181684.jpg


How am I

e0068127_1518433.jpg


almost
[PR]
by hondasoichiro2 | 2010-01-07 15:37 | 日々携帯写真
♪おなかのあんこが重いけど
お餅の食べ過ぎ、ではなく。
e0068127_1414535.jpg

昨夜のたいやきくんの話つながり。「くじら」ですが。
e0068127_14151272.jpg

春が待ち遠しい。
e0068127_14153011.jpg

今年の「ぼくの泳ぎを眺めて」いてください(笑)。
[PR]
by hondasoichiro2 | 2010-01-06 14:47 | 日々携帯写真
悪夢
ステージで歌っていた。
歌詞が飛んでしまい、途中から違う曲に繋げて急場をしのいだ。
結構ヒヤヒヤした、、、。

(だけど目が覚めて、ひとりウケていた。何よりありえないカバー曲だったし、機転をきかせた自分に感心もした。)



まず歌っていたのが、ゲゲゲの鬼太郎のテーマソング(笑)。

 ♪ゲッゲッゲゲゲのゲェー朝は寝床で〜

で、途中の

 ♪たのしいなたのしいな〜

に続けて、

 ♪ぼくらは鉄板の〜上で焼かれて〜

と「およげたいやきくん」を歌っていた。

(笑)。



目が覚めてから、感心したもんねぇ。
「本田宗一郎、お前やっぱミュージシャンだなー」って(笑)。

たいしたことない?
でも夢のなかでやってるってちょっと凄くない!?
(しかも<マジで歌詞飛んであせってる時に咄嗟にでた行動 in夢>なわけだから。)
e0068127_22572995.jpg




タイトルを書いて気がついたけど、今年の初夢ってなんだったんだろう、、、。

ひょっとして、、、。
[PR]
by hondasoichiro2 | 2010-01-05 23:20 | 日々携帯写真
e0068127_23485749.jpg

e0068127_23485787.jpg

三が日も終わり、、、。
というかもう5日。
仕事始め、ですね。

みなさん、今年もいい年にしましょうね!



写真はいずれも今日のもの。三が日にちなんで、三でまとめてみました。

いずれも決定的瞬間だと思いますが、いかがでしょう?
何の役にもたちませんが、、、。

(一枚目は飯田橋の空。二枚目は神楽坂は赤城神社。社殿が取り壊されてマンションになっていた。さみしいなぁ、、、。)
[PR]
by hondasoichiro2 | 2010-01-04 23:48 | 日々携帯写真
歌のために
e0068127_4324581.jpg

(パソコンの「最適化」の話を書いていましたが、「詩情」のない記事だったので削除しました。すみません。)
毎日「歌」をうたわんといけん。
「日々の泡」はいらない、、、「日々の詩情」をもっと、、、ということで。
年も変わったことですし、方針を改めます。
e0068127_22224898.jpg

[PR]
by hondasoichiro2 | 2010-01-02 04:32 | 日々携帯写真
迎春
e0068127_17535091.jpg

新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。
[PR]
by hondasoichiro2 | 2010-01-01 17:53 | 日々携帯写真