リンク
★新ブログ★
本田宗一郎 in アメブロ

本田宗一郎 ホームページ
トップ
ライブ情報
プロフィール
ディスコグラフィー

本田宗一郎 1st アルバム
「全生活カタログ」

メジャーデビューシングル
「休日の空」
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:旅( 37 )
クマモーニング
e0068127_10451757.jpg

熊本の朝です。

とはいえ、今はもう東京に着いたので、「朝でした」!



お盆。
お墓参り、親戚への挨拶、同窓会。

「夏の帰省」でした。



あぁ、最近のお決まり、
「東京に着いたら出るくしゃみ」。
さっき、やっておきました。

これから、ラジオの収録です。荷物抱えて向かっております。



とりあえず、東京のみなさん、ただいまです。

大分、熊本のみなみなさま、ありがとうございました!
[PR]
by hondasoichiro2 | 2008-08-18 10:45 |
羽根だ
e0068127_15481848.jpg

第一次!?大分プロモーションを終え、東京着。

偶然にも今日、数時間後に羽田に到着する姉を待ちながらの更新。



展望デッキから、飛び立ってゆく飛行機を眺める。
数人の男性発見。望遠カメラを首から下げている。

ぼくは飛行機マニアではないが、飛行機がとても好きだ。
とはいっても、ボーイングとエアバスの違いがわかるくらい、、、。
YS-11はもう飛んでないんだな、とかその程度だけど。

でも、飛び立つ飛行機というのはいい。見ているだけでも気持ちが昂ぶってくる、、、。
そう考えると、飛行機マニアのカメラ小僧、ならぬ「カメラ大僧(おじさん)」と、自分との違いを見つけられなかった!

もちろん、望遠レンズも無線傍受のトランシーバー?も持ってはいないけど、本質的には同じに違いない。本能的に、というべきだろうか。

乗り物へのあこがれ。
それはつまり、移動への、旅へのあこがれ。
見ず知らずの土地への、懐かしい街へのあこがれ。
新しい出会いへの、大切な再会への、、、。

詩をひとつ書いた。メロディも少し出来ている。
曲になるといい。



管制とコクピットとのやりとりをイヤホンで聴きながら(←推測。)写真をたくさん撮っている隣のおじさんに話しかけたくて仕方なかった!
でも、ひっきりなしに飛行機の離陸は続いていて、結局それは出来なかった。

それで、おじさんを観察しているときに気が付いたこと。
金網に囲まれた展望デッキだが、そのところどころ、金網の鉄線が切られていることに気が付いた。

間違いなく、彼ら飛行機好きのカメラマン達のためなのだ!
そこにカメラのレンズを近付ければ、そのフレーム内に金網が入らないようになっていた。

こんな「はからい!?」がとても好きだ、、、。


写真は、判りやすいように引き気味に撮ったその「穴」。



昨日、おとといと大分でのプロモーションに励みました。
たくさんの出会いがありました。

応援していただいているみなさん、青の時代を今後ともどうぞよろしくお願いします。



写真があるので、おとといのラジオ生出演の話はまた今晩か明日にでも書きます。

では、
と書いたところで、緑の尾翼の日航機発見!
つい写真撮ってしまった(笑)。

あれが飛び立つのを見届けたら立ち上がろう。
そろそろ姉が到着する時間だ。
出たばかりのCD(もちろん青の時代「休日の空」)をプレゼントするんだー!
[PR]
by hondasoichiro2 | 2008-07-02 15:48 |
サマー・フォトブック 16
e0068127_155772.jpg


暑さ寒さも彼岸まで、なんていうし。
夏の写真帳も今日で最後の「頁(ページ)」です。

日焼けももう落ち着いたし、足裏にあったマメも「完全復旧」したし。



今年、ぼくは夏が大好きになった。
そして再び、旅する意味も思い出した。
日常のなか、ぼくはまた新しい旅の途上にある。

次の風が吹いている。
新しい季節、新しいリズム、新しいスタイル、新しい愛のかたち。
それを探しに行く冒険、そのよろこび。



「去りゆく日々 過ぎ去った時
 誰ひとり とどまるものはいない
 最後のコーヒー飲み終わったら
 そろそろぼくも行かなきゃ」

「コーヒーもう一杯!」by 本田宗一郎





ささやかながら続けてきたこの「サマー・フォトブック」シリーズ。
キミが楽しんでくれたのならそれでいい。

今度は、キミの旅の話をきかせておくれよ。
[PR]
by hondasoichiro2 | 2007-09-19 01:33 |
サマー・フォトブック 15
e0068127_2105452.jpg

Cross In Blue...
[PR]
by hondasoichiro2 | 2007-09-18 02:19 |
サマー・フォトブック 14 / ISO 9000
「血の滲(にじ)む一行」
そう言ったのは誰だったか、、、。

ぼくも、自分の曲には誇りを持っている。
なぜならそれらの一行一行は、それぞれの小節は、まぎれもなく、ぼくの多くの血と汗と涙で出来ている。

太陽、と詩人が発するとき、かなしいかな、彼の網膜は焼かれていなくてはならないのだ。

ぼくはただ、「一曲の持ちうる力」のためにこの夏、何十キロも連日歩き、何百キロもヒッチハイクで移動をさせられていた。



ISO9000(「品質保証を含んだ、顧客満足の向上を目指すための規格」)でも取得したいものです(笑)。

そう、ぼくの曲を聴いてくださるみなさん。
みなさんのためにぼくはたくさん歩きます!たくさん泣きます。そして心から笑います。
ですので応援よろしくお願いします!
e0068127_2451866.jpg


9月14日の一曲:
「サザエさんのエンディングテーマ」(←実はモータウンサウンドなんだなぁ!)

買い物しようと街まで出かけたが財布を忘れて愉快な宗一郎くん、、、でした今日は!
レジで気がついたさ、そして取りに帰ったさ、財布をさ!
[PR]
by hondasoichiro2 | 2007-09-15 03:31 |
サマー・フォトブック 13
e0068127_102734.jpg

[PR]
by hondasoichiro2 | 2007-09-14 01:01 |
サマー・フォトブック 12
昨日の赤坂グラフィティでのライブ。
楽しかったです。
ご来場いただいたみなさん、ありがとうございました。
初めての方も、いつもの方も。
それから、「時々」の方、「年に一度」の方(笑)、みなさんに感謝いたします。
これからもどうぞごひいきに。
e0068127_2163122.jpg


from後部座席。

e0068127_2164484.jpg


昨日のSE(この夏のぼくのSE!):

「門の外ではトラックがおろしていた
 天気は暑く、ほとんど32度、、、

 そしてセミがうたった どこか遠くのほうでね
 セミがうたった そのように美しいしらべを
 おー セミがうたった どこか遠くのほうでね
 ほら セミがうたった そしてぼくのためにうたっていた」

BOB DYLAN'S 'Day Of The Locusts'
[PR]
by hondasoichiro2 | 2007-09-13 09:00 |
サマー・フォトブック 11
e0068127_3303917.jpg

      今日、↑このお店で19時より歌います(嘘)。

e0068127_3305713.jpg




赤坂、赤坂〜、デルコラソ〜ン。、、、、じゃなくてグラフィティだって!

AKASAKA、右から読んでも左から読んでも山本山。

もう、寝ます。

zzzz
[PR]
by hondasoichiro2 | 2007-09-12 03:38 |
サマー・フォトブック 10
e0068127_251518.jpg




しつこいですが、仕事です(笑)。
最近、音楽の話をしていませんが、本田宗一郎は「音楽(と女の子!)のことばかり考えている歌手」です!
よろしくです。
チケぴの前売り、今日までです、ご注意を!

■秀々&本田宗一郎 LIVE vol.2
@赤坂グラフィティ
東京都港区赤坂3-21-10 赤坂NSビルB1
TEL:03-3586-1970
交通:東京メトロ銀座線・丸の内線 赤坂見附駅より徒歩1分(千代田線赤坂駅より徒歩7分)。
ヴェルビー赤坂の左脇の道を直進。 突き当たり手前、右側 居酒屋『三間堂』の地下1F。

開場18:30 開演19:00
前売¥2000 当日¥2500 (ドリンク代別¥600)
■チケットぴあにて発売中



e0068127_252835.jpg

[PR]
by hondasoichiro2 | 2007-09-11 02:13 |
サマー・フォトブック 9
e0068127_014686.jpg




再度、ご連絡。
あさって12日、赤坂グラフィティにてライブがあります。
19時からです。ツーマンライブなので一時間ほど歌います!
サイコーの曲ばかりです!

「早く聴きにこないと、いっ、、、、ちゃ う よ〜」
(↑東京はもうすっかり秋なので、焼き芋屋風に!)
[PR]
by hondasoichiro2 | 2007-09-10 00:30 |