リンク
★新ブログ★
本田宗一郎 in アメブロ

本田宗一郎 ホームページ
トップ
ライブ情報
プロフィール
ディスコグラフィー

本田宗一郎 1st アルバム
「全生活カタログ」

メジャーデビューシングル
「休日の空」
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:ライブ( 80 )
We're The Band ! Feb.21st.06
e0068127_321724.jpg

[PR]
by hondasoichiro2 | 2006-02-23 03:15 | ライブ
ライブ/PSE/西日本
まずは、ライブについて。

今度の火曜日21日、青山の月見ル君想フにて
とにかくね、集大成だから。
楽しいよ。
ゲストありの8人。トリ。21時から。
新曲「青の時代」もやる。*名曲だよ!最近はもっぱらこの曲ばかりが鳴ってる。
大所帯でのライブはひと区切り。



それからPSE。

電気用品安全法。ひどい法律。
いまネット上では大変な騒ぎになってる。

音楽を愛する人間として署名した。



さて、もうすぐ電車に乗らなきゃ。
これから羽田。そして瀬戸内海のとある町へ。
そして九州。
いろいろと打ち合わせなど。
そしてその足で青山に戻ってライブです。

あぁ、時間があればまた携帯から投稿しますので。遊びに来てみて下さい。

やー行かなきゃ!
[PR]
by hondasoichiro2 | 2006-02-19 06:07 | ライブ
ありがとう
e0068127_1284847.jpg
[PR]
by hondasoichiro2 | 2006-01-27 12:11 | ライブ
失われなかった週末
土曜日と日曜日。
歌の仕事、ふたつ。



10日のセットリスト

>1st Set
1.Christmas Time Is Here Again
2.LIVE LOVE LIFE
3.Sweet & Adult
4.2000 Miles
5.ワンダフル・モーメント
6.Feel Like Makin' Love
7.Baby , I'm Yours

>2nd Set
1.Christmas Time Is Here Again
2.My Sweet Lord
3.La Rua Madureira
4.すべてはすべて
5.Golden Eternity
6.Can't Take My Eyes Off Of You
7.We Have All The Time In The World
8.Love Of My Life
9.Happy Xmas

10日土曜は中目黒のバーでのライブ。
ワインがおいしかった。ついついライブ前に何杯も飲んでしまう。
メンバーの演奏スキルの高さにも改めて驚いた。

ライブ演奏、仲間、ワイン、七面鳥、ツリー、ケーキ、パーティー・ミュージック、
プレゼント、ギャランティー、拍手、合唱、笑顔、、、、。
充足した夜。

赤毛のトイ・プードル「クレヨン」に出会えたのも良かった。



11日のセットリスト

>1st Set
1.La Rua Madureira
2.すべてはすべて
3.スキップ
4.Sweet & Adult
5.宇宙のはじまり
6.Happy Xmas

>2nd Set
1.スキップ
2.ワンダフル・モーメント
3.Love Of My Life
4.すべてはすべて
5.La Rua Madureira
6.宇宙のはじまり

11日は日本橋でのライブ。
2nd ステージが良かった。
そして楽屋が楽しかった。
対バンのコメディアン、「ホール&キッチン」の連中がまた面白かった。
彼らは自分たちのことを「楽屋芸人」と言っていた。確かに楽屋ではみんな結構笑いっぱなしだった。こっちだって負けちゃいなかった。(とはいっても相変わらず「ボケ殺し」だけど。)

そして、或る小学生の女の子との出会い。

彼女は我々のステージを目の前で見てくれていた。ステップ踏みながら。
彼女と楽屋で話したことは忘れない。
とても本質の言葉だけで彼女は話をする。

「きみの魂にぼくの音楽がどんな風に響いたのだろうか?
それはどんな色をしていたのだろうか?それは何を伝えたのだろうか?」

ぼくはきみのために歌った。
きみのタップダンスがとても素敵だったから。

いつかきみがドラムを上手くたたけるようになったら、一緒にセッションしよう。



そしてきょう、人知れず、小さな決断。
誰に言うわけでもない、小さな決断。

でもそんな日々の<小さな決断>の積み重ねで、我々は各々の人生を選択している。

今日の選択。
多分ここから大きく軌道は描かれてゆくだろう。
選ばれなかったもう一つの道からだんだんと逸れて行きながら。

今の場所に安住したくはないから。
仮の住処に、快適さはもう求めない。
自分で退路を断ってゆくのさ。

誰かが頼りになるわけではない、孤独な決断。
ぼくらはいつもそれを行っているんだ。気付かぬうちに。日々、毎日。
[PR]
by hondasoichiro2 | 2005-12-13 05:34 | ライブ
明日の中目で、愛を歌う(来てー)
昨日8日、ジョンを聴く。
STARTING OVER。ライ麦畑。セントラルパークの池の鳥たち。ダコタハウス。
ダブル・ファンタジー。ミルク&ハニー。In Peace !



昼間はリハーサルだった。
11日のリハーサルを午前に、午後は渋谷のスタジオで明日10日のためのリハーサル。
楽しく難しいリハだった。
今回こんなにカバー曲を歌うのは初めてだ。
大好きな曲ばかりなので嬉しい。
でも難しい。
都合がいいようになんとでも出来る自分の曲と違って、他人の曲はそうもいかない、、、けれども、、、うちのメンバーは強力だった!



バンドメンバーの多大な協力のもと、たくさんの曲を準備することが出来ました。
明日がとても楽しみです。オリジナルは数曲で、あとはカバーです。一時間は超えます(モリダクサン!)

愛している曲たちを、素晴らしいミュージシャンらとともに歌えることを幸せに感じます。
今回はドラム:カズー大越、ベース:鈴木健市、ギター:松木誠、ボーカル&ギター:本田宗一郎です。

そして曲のヒントを!
Don't leave me/I relly wanna go with you/
Outside under the purple sky,diamonds in the snow/Nothing more nothing less only love/Without any fear
If you feel like I feel,please let me know that is real/
When you're touchin' me/Two and two is three/

わかるかなー?



中目黒のオーガニック&ロックバー mandarin' で19時半から開場。
ライブの開始時間は程良い(ほろ酔い?)時間から=あまり遅くはないですから。
中目の駅から向かうなら左に見えるアートコーヒー。なかなかいいでしょ?この写真。
e0068127_152228.jpg

あ、そうそう、ジョンとヨーコのあの曲ももちろん歌うよ。
弱い人たちに、強い人たちに、お金持ちの人に、持ってない人に、、、、。
I hope you have fun. See you tomorrow !
[PR]
by hondasoichiro2 | 2005-12-09 15:11 | ライブ
日本の中心で、愛を歌う(予定)
だって、嘘じゃないもん。
ギャグでもないし。本気だし!

e0068127_2214090.jpg今日、午後新しい相方ギタリストの松木くんと11日のライブのリハーサル。
頑張って練習してきてくれているのに、「半音下げていい?」というわたくし、、、(いろいろ無理をいっておりますが、よろしくお願いします!)

その後、日本橋へ。今度の日曜に歌わせて頂くことになった場所の下見で。

その場所の名前は「三井越後屋ステーション」

面白そうな場所でした。カフェが併設されていて、今度はブルーベリー豆乳?でも飲んでみようと思った。

e0068127_3153231.jpgなんだか、外を歩けば、ここはどこなんだろう?という感じ。
三井越後屋ステーションの真向かいには三井の銀行(荘厳なコリント様式の柱の列がスゴイ)。隣は何やら高い三井のなんたら〜ビル。はす向かいは、三越本館。
つまりここら辺は旧三井財閥の縄張りだったってことがすぐにわかる!

会場の方々に挨拶を済ませた後は、散歩。
日本橋、という橋へ。

e0068127_3195648.jpgここを訪れるのは二度目だ。
一度目は恥ずかしながら、高校の時、家出して東京をさまよっていた時に。
何で来たのか覚えてないけど、がっかりしたのだけは覚えている。
スケールの大きなその名前とは裏腹に、高速道路の下に窮屈そうに架かっていて、陽があたっていなくて、「地味」。

だけど、今回はもう少し風景がよく見えた。
日本の全ての道路の起点がここにある、とか。
江戸時代はずっと日本橋あたりが中心だった、とか。

そう、つまり今度の日曜日は「日本の中心」で歌うってわけだ!

リハーサルはいい感じでした。
新曲も披露できるでしょう。14時と16時の2ステージです。入場無料です。
当日はお笑いの「ホール&キッチン」という方々と対バン?です。
お近くの方はぜひどうぞ。
(そのあと、散歩したりウインドウショッピングとかもいいと思いますよ。ほら、恋人にせがまれてるアレをリサーチしとかなきゃ、ね?)



さて、その前日、10日のライブ。
選曲という名の、大リスニング大会(一人)(ドツボ)になっております!
いまもずっといろいろ聴きながら書いています。(ブログだけに時間を割いてる訳じゃない、という言訳。)
メンバーのみんな、迷惑かけます。これからいろいろとmp3で送ったりします。やっと固まったよ。



それからここ最近に、いろいろとコメントをいただいたみなさん。
返信できておらずすみません。この記事のコメント欄に書いておきますので読んで下さい。
拙者、不義理は致しませぬ!
[PR]
by hondasoichiro2 | 2005-12-05 03:46 | ライブ
Thank You For Coming!
青山でのライブ。
終わりました。

ご来場いただいたみなさんありがとう。

ひとねむりしたあとに、またいますこし、お酒を飲みながら、スティーヴィー・ワンダーの「Fulfillingness-」を聴きながら書いている。

叱らないでね、「平日のこんな午前に酒飲んで悠長なこと書きやがって」とかいって。

なぜなら昨日、ちゃんと仕事したからです。ぼくの業<わざ>を果たしたからです。
ちゃんと歌いました。

でもライブハウスの方にはすこし説教されました。
(まぁ、もちろん向こうはそんなつもりはないんだろうけど、でもいくつかの点で。)
まぁ、これからのための話なんだろう。

いずれにせよ、成功だった。
お客さんはそれぞれに「良かった」と言ってくれたし、バンドメンバーには笑顔があったから。
手応えはあったし、自分でも今までで一番良かったと思う、トータルで。
(もちろんまだまだ満足はしないし、すごく冷静なんだけど、、、。)

聴いている方と演奏してる方と、その両方が楽しめたわけだし。
それが全てだとおもう。
2005年の、11月28日という日の、いいライブだった。



まだまだ、だけど、ぼくは「ものをつくる人間」としての誇りを持っている。
「0」から「1」を作っている人間としての。

かくいう自分も、<批評すること>を大学で勉強してたけれども、それは二次的、副次的な作業だ。

自分には「<価値>を生み出している」という自負がある。
それは、歌詞を読んでもらえれば、音を聴いてもらえればわかると思う。

ぼくは闘ってゆく。
すべての外野に対して。

批評や文句は受けて立つ覚悟でいる。
それだけの生き方をしている、から。



来月、CDジャーナルという雑誌にぼくのアルバムのディスクレヴューが掲載される。
そこでどんなことをいわれるのか楽しみでもある。

落ち込むこと、それだって楽しめるんだから、今となっては、、、。



さて、次回のライブは中目黒のバーで。そして翌日に日本橋で。

また会いたいな。
[PR]
by hondasoichiro2 | 2005-11-29 09:08 | ライブ
今宵ハ、青山デ、月見ル、君想フ
なんだか漢詩みたいなタイトルだけど。

今夜、青山「月見ル君想フ」で本田宗一郎ライブです。
19時開演ですが、本田宗一郎の出番は二番目の19時40分ころからです。
ぜひお越し下さい。

ホーンセクションを入れて7人でやります。
いわくつきの「ドレミのうた」、ニノ・フェレールのカバー曲「La Rua Madureira」もフランス語で歌います。



大事件がひとつ。
ぼくの尊敬するミュージシャンの佐野元春さんと曽我部恵一さんが土曜の夕方、渋谷のカフェで一緒にお茶しながら、話をしていたらしい!

本当にぼくにとっては歴史上の大事件だ。
フィルム「Don't Look Back」で見られるような、ディランとジョンの2ショットくらいドキドキでスゴイ光景だろう。

その話は曽我部さんのホームページのダイアリーの一番新しい所に書かれていた。

またしても泣きそうになる!
ついつい、感激してBBSに書き込んでしまう。
(そして曽我部さんに、フレンドリーなレスを頂く。)

そこでのキーワード。
インディペンデント、ということ。
そしてスモール・サークル・オブ・フレンズ、ということ。

ぼくがここ最近このブログに書いていたこととシンクロしていた。
佐野元春さんの「音楽は情報じゃない」という言葉の引用や、「仲間うちの小さな、そして楽しい集まりから音楽は生まれる」という思い、とか、、、。

中学の時、佐野さんは電話越しにとても優しく話をしてくれた。
そして、曽我部さんも、下北沢でぼくと気軽に話をしてくれた。

そのふたりの共通する意識。そこに通底するもの。
それはロックンロール!

みんな友達なんだ、ということ。
楽しくやろうぜ!



そう、曽我部さんのネットラジオ、ROSE RADIOに勝手にお邪魔して、勝手に歌った曲「Golden Eternity」も今日演奏します。曽我部さん経由でこの本田宗一郎ホームページにいらした方もいるようですが、お近くの方、良ければ遊びにいらしてくださいねー。
[PR]
by hondasoichiro2 | 2005-11-28 12:57 | ライブ
Thank You For Everything !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
きのうは誕生日でした!
自分企画のイベントを西小山「slow」にてやりました。
まだ、二日酔いです。のであまり細かいことは書けません。

とにかく昨日、同じ場所にいてくれたみんなに、
ありがとう!
そして、いままで出会えたすべてのひとに「ありがとう」。



久しぶりにうちの花瓶が登場しました。
あげるほうが好きだけど、貰うのはやっぱりうれしいなー。Merci !
うちの(猫の額ほどの)キッチンの窓辺に置いてみました。
今日は天気が良く、遠くにエッフェル塔が見えました!!!!!!!!!!



e0068127_15412410.jpg

[PR]
by hondasoichiro2 | 2005-11-13 15:46 | ライブ
曽我部恵一ROSE RADIO
<神楽坂へ>シリーズの前にひとつ。

敬愛する曽我部恵一さんのネットラジオにお邪魔して来た。
毎週月曜日の24時からきままに放送されている番組なんだけれど、今夜は代々木公園からだった。
終了予定時刻(1時)をすぎてもまだ放送は続いていて、「聴いてるんだったら来ればいいのに」っていう曽我部さんの放送中の言葉につられてついつい行っちゃった。

まぁ、名前と顔は覚えてもらってるかなぁ、ぐらいの感じなんだけれども、行けば行ったで暖かく迎えてもらえた。「彼とは下北沢のモスバーガーで会ってねー、、、」なんつって紹介して頂いた。

で、駆けつけ一曲、「Golden Eternity」をうたう。
歌詞を一番と二番を間違えたりしながら。

曽我部さんには、「二番をもう少し抽象的にした方がいいんじゃないの」って言われた。曽我部さんのギブソンのギターは小さかった(B-3かな?)。
持ち込んだ泡盛を飲みながら、宴はその後も続いた。
曽我部さんの「テレフォンラブ」、真横で聴いた、というより一緒に歌ってた。
その途中に、発電機のガソリンがなくなり放送終了?かと思いきや、スタッフはすぐにどこからかガソリンを調達してきて、30分も中断していたにもかかわらず放送再開。

MC Sketchのリリックが月夜の晩にフロウする。
曽我部氏は酔っぱらっている。
素晴らしいな、やっぱりミュージシャンはこうじゃなきゃ!

で3時くらいかな?「Mellow Mind」で放送終了。
その後ラーメンを食べに千駄ヶ谷ホープ軒へ。曽我部、本田、MC Sketchの三人は自転車で向かう。
ホープ軒では、豚骨ラーメン。オモイ!

また、同じ三人で井の頭通りをサイクリング。汗だくの帰路。
曽我部さんは、すごく<地に足の着いた><もっともな>ことを言ってくれた。
とても誠実なミュージシャンだ、そしてロックだ、ブルーズもそこにはしっかりとある。自転車を走らせながら、そう感じていた。

>曽我部さん、こんなことはブログで書くようなことじゃないかもしれませんが、すみません。

その言葉は忘れない。ミュージシャンの合い言葉かもしれない(そんな言葉)。
おれは、曽我部恵一というミュージシャンを、ずっと追いかけて行くだろう。


さて、再放送が、いつも日曜の昼12時から(今度は25日の昼に)やっているけれど、多分この<extra>な時間の分は放送されないんだろうな。
いずれにしても曽我部恵一は素晴らしい!



曽我部恵一オフィシャルホームページ
[PR]
by hondasoichiro2 | 2005-09-20 06:37 | ライブ