リンク
★新ブログ★
本田宗一郎 in アメブロ

本田宗一郎 ホームページ
トップ
ライブ情報
プロフィール
ディスコグラフィー

本田宗一郎 1st アルバム
「全生活カタログ」

メジャーデビューシングル
「休日の空」
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:岡山・広島ツアー '08( 16 )
10月13日、岡山国際音楽祭本番 <ツアー記 vol.8>
e0068127_11223310.jpg

写真は日中のリハーサル風景。



岡山市内、下石井公園で17:30よりスタートした「岡山国際音楽祭」。
ステージ後方の階段から出演者の登場。
赤のカーペットが敷かれている!

トップバッターは中西圭三さん。
ZOOやEXILEでお馴染み、中西圭三作曲の大ヒット曲「Choo Choo Train」。
出演者全員ステージに残ったまま、中西さんの後ろで踊った!

続いて中国からaminさん。
秋の宵にぴったりな、とても綺麗な歌声。曲は「涙そうそう」。

そして、ウォリさん。市民合唱団との共演。
確かドイツと日本のハーフだということだったけど、見た目からは想像出来ないほど抒情的な歌だった。
(3拍子のその歌は憶えやすく、これを書いている11月の今でも歌える。か〜わぞ〜いの〜みち、、、ウォリくん合ってるよね? )

秀々。
三味線と尺八のハイパートラッドユニット。
曲は「虚無僧」。
いつもながら、さわやかな先輩二人組。

続いて青の時代。
マサと二人での「明日も歩いて行こう」。
照明がすごくて、歌い始めてからは会場が全く見えなかった。
でも前方の空高くに、綺麗に月が出ていたので時々見ていた。
マサのプレイにも少し「遊び」があって、楽しんでいるのが伝わってきて良かった。
歌はとても楽しんでうたえた。むしろ歌の後、司会の方とのトークが難しかった。
ていうか、不意を突かれ、少しうろたえてしまった。
「それは言わない約束でしょ〜」って感じ?(笑)。

演歌の藤原浩さん、神野美伽さん。
藤原さんは岡山中心に活動されている方らしく、優しい大人の佇まいがあった。
神野さんはとても迫力があった。そして素晴らしい笑顔!

クラッシック歌手の河口めぐみさん。
とても声量があり、リハーサルの時も遠くから声が聴こえる程だった。
そして、(当たり前かもしれないけれど)上手かった。

ヒップフォークを標榜するビリケンのお二人。
袖から聴いていたので舞台は見えなかったけど、会場の雰囲気作りがとてもうまかった。
曲は「なごり雪」。

中西保志さん。
カバーで「はじまりはいつも雨」。そして中西さんのヒット曲「最後の雨」。
本気で忘〜れるくらい〜なら〜、泣ける〜ほど愛したりしない〜、、、。

坂本サトルさん。
ストリートでも歌っている、ということもあるのだろう。シンプルに、ストレートに伝わってきた。
いろいろと勉強になった。
坂本さんのギターに、カホンとベースとのアンサンブル。
(音色、音量という意味でも)そのバランスはとても良かった。


沢田知可子さん。
曲は「会いたい」。
中学の時だったかなぁ。友達が貸してくれてよく聴いてた思い出がある。
惹き込まれていく歌声。
パートナーの鍵盤の男性とのデュエットでもう一曲。
ステージ袖で聴きながら、泣きそうだった。

そして大トリ、中西圭三さん。
「ボヨヨン行進曲」(笑)など。
やはり、ノリがあっていい。
舞台下手から見ていたが、とても楽しかった。
圧巻。

最後はステージに出演者はじめ、市民合唱団の方々など全員登場(数百人!)でのフィナーレ。
市長さんなどの挨拶があり「政令指定都市移行決定」の万歳三唱など!

そして全員で「地球(ほし)のララバイ」を合唱。
さぁ〜うたおう、明日へつ〜づ〜く、、、。



とにかく、みなさん素晴らしかった。
普段あまり聴かない音楽もあるので上の感想にもバラツキがあるけど、どなたも素晴らしかった。
音楽を愛する人。歌を愛する人に違いなかった。



岡山国際音楽祭グランドフィナーレ終了後の打ち上げがまた凄かった。

貸し切りの大型バスで打ち上げ会場のホテルまで直行。
中西圭三さんがアドリブでバスガイド!
それがまた面白かった!

打ち上げ会場のボールルーム(って言うのかな?)ではスポンサーの方々がお揃いで、ジャズバンド演奏も行われていた。

出演者の方々といろんな話をさせていただいて嬉しかった。

そして即席のステージ!
沢田さん、神野さん、などなど。
それはまるで「裏グランドフィナーレ」だった!
最後には中西圭三さんのアカペラまで、、、。

うーん、フルコースでした。
かなり贅沢な感じでした、、、。



本田宗一郎も頑張ります。
ご指導ご鞭撻の程よろしくお願いします。

<了>
岡山・広島ツアー記、完結です!長らくおつきあい頂きありがとうございました。

あぁ、やっと書き終えた〜。
今日はライブだ、そろそろ行く準備をしなきゃ!
e0068127_11224984.jpg

ステージ袖にて、沢田知可子さんと。
[PR]
by hondasoichiro2 | 2008-11-18 13:10 | 岡山・広島ツアー '08
10月13日、岡山国際音楽祭リハ <ツアー記 vol.7>
e0068127_1001997.jpg

10月13日、移動祝祭日。
体育の日。
とにかくいい天気!

午前からのリハーサル。
結局、2曲ではなく1曲の披露ということになり、「Family」が最有力候補であったが、「明日も歩いて行こう」に決定する。

おなじみ(三味線と尺八)の「秀々」に続いて、「青の時代」のサウンドチェック。
マサと二人on赤いステージ!

その後、楽屋に戻ったり、他の出演者のサウンドチェックを覗いたり、、、。



印象的だったのは元JIGGER'S SONの坂本サトルさん。
楽屋では窓枠にのぼって風に吹かれながら、ステージ脇では「D-51(蒸気機関車)」の前の芝生に座り込んで、ギターをつま弾いていたその姿。

どう説明すればいいかな。
シンガー・ソングライターにある空気?
いや、吟遊詩人の雰囲気というか、、、。
ブルースというと言い過ぎかもしれないけど、「旅の匂い」。
「風」のようなもの。

実際のところ、JIGGER'S SONを大分にいたころにテレビで目にしていたくらいで、彼のキャリアを知っているわけではなかったけれども、もうその「画(え)」だけで伝わってくるものがあった。

あぁ先輩だ、と思った。
自分もそんなふうに「いたい」と思った。

「うたうたい」のあるべき「立ち姿」。



3時頃から出演者全員での「登場」のリハーサル。
立ち位置や順番など。

「グランドフィナーレ」のトップ、1曲目で中西圭三さんが「Choo Choo Train」を歌う予定だということが伝えられ、出演者はオープニングから続いてそのまま、ステージに残ることになる、、、。



全体リハが終わり再び楽屋に戻ると、楽譜と歌詞が配られた。
中西圭三さん作の岡山国際音楽祭イメージ・ソング、「地球(ほし)のララバイ」。
エンディングで全員で歌うらしい、、、。
弁当を食べながら予習する!

スタートは17:30からだ。
[PR]
by hondasoichiro2 | 2008-11-08 10:54 | 岡山・広島ツアー '08
須田っち  ツアー記番外編
e0068127_12184767.jpg

番外編ばかりで本編にいきませんが、、、。
今日もこれから夜中までリハーサルx3(=1人ver、3人ver、6人ver)。明日はプライベートでのライブ本番。
明後日も用事あり(→これは日記にします!)。
というわけで来週になりそうですが<岡山・広島ツアー記>、グランドフィナーレまできちんと書きますよ、、、。

あ、当ブログ内でカテゴリ作りました。
まとめてどうぞ。→岡山・広島ツアー'08



写真は尾道の商店街にて、青の時代ギターの「すだっち」こと須田昌宏(スダマサヒロ)。
誰も須田っちなんて呼んでないけどよ〜。
本人の許可がおりたので載せることが可能になりました!

おばちゃんが後ろで素晴らしい笑顔です、お見逃しなく!

で、以下も尾道市内で。旧赤線地区での極めつけ!
e0068127_1219391.jpg

(笑)。
[PR]
by hondasoichiro2 | 2008-11-07 12:29 | 岡山・広島ツアー '08
黒猫のタンゴ ツアー記番外編2
e0068127_18593872.jpg

写真は130年続く尾道のお茶屋さんで売られている尾道紅茶。
滅茶美味アールグレイ!
自分用土産です(笑)。



進行中のツアー記ですが、最終日のグランドフィナーレまで未だたどり着いていません。
記事作成の時間がなかなか取れないんですよね、、、。

にもかかわらず、嬉しいことにたくさんのページビューが毎日あるので、番外編!というわけです。


今晩書きます、今晩書きます。朝かもしれないけど、、、。
[PR]
by hondasoichiro2 | 2008-10-31 18:59 | 岡山・広島ツアー '08
さそり座の男 ツアー記番外編
e0068127_8492245.jpg

写真は岡山名物、なわけない「さそりの唐揚げ」です。初めて食べました。
共食いです(笑)。

驚くほど毎日たくさんのアクセスがあります。
みなさんありがとう!
感謝の気持ちをこの写真で伝えたいのですが、、、。
[PR]
by hondasoichiro2 | 2008-10-29 08:49 | 岡山・広島ツアー '08
10月12日、尾道 <岡山・広島ツアー記 vol.6>
e0068127_0394840.jpg

結論:「フレンド」のラーメンはいままで食べたラーメンの中で一番うまかった!
(ちなみに、尾道ラーメン(→Wikipedia)はしょうゆベースのラーメン。平打ち麺と背脂が特徴。)
九州出身なので、豚骨以外はラーメンだとは思ってないのだけど、、、。(上京したてのころはホント、しょうゆラーメンの「意味がわかんなかった」くらい。)

男性スタッフのMちゃんだけでなく、女性スタッフのMちゃんも永井くんの友達だった。
Friends of My Friendがフレンドにいたってことで。



4泊5日ともなれば、オフの時間が少しはできるわけで、、、。

散歩タイム。
きままに坂道をのぼって行く。
映画の大林監督の実家の前を通り、観光ガイド犬ドビンの実家!である写真館(→ドビンちゃんのブログ(笑))の前を通り、五重塔やら千光寺やら、、、。

坂道はやっぱり歩くのが楽しいので、結局今回もロープウェイには乗らなかった。
まぁ、いつか乗る日がくるだろう、、、。
e0068127_040278.jpg

その後、2年前のライブのお礼がてらやまねこカフェへ。

サングラスもしてるし、ヒゲも剃ったし、ちょい痩せたし(笑)、(あ、もちろん二つ年をとったし、、、)わからないだろう、、、席についてから挨拶しよう、、、と思っていたら、速攻声かけられました(笑)。
嬉しかったなぁ。ありがとう。

2年前のライブの時、Kazooがドラムをセットしたあたりの席でコーヒーを飲む。
なんだか懐かしかった。
あの日「ドレミのうた」をアンコールにリクエストしてくれた「もじゃもじゃアタマの店長さん」は独立したらしく、もういなかったけど、知ってる女の子が店長さんになってた。

お客さんたちがみんな知ってる人に見えた。
あたたかい感じ。ホームな感じ、、、。

今回はバタバタしてて連絡がほとんど出来なかったけど、尾道のみんな元気かな?
オレ、本当に尾道が大好きやわー。
e0068127_1483824.jpg

いろいろとありがとう。(の図。)
[PR]
by hondasoichiro2 | 2008-10-28 01:56 | 岡山・広島ツアー '08
10月12日、尾道 <岡山・広島ツアー記 vol.5>
e0068127_2315642.jpg

写真は我が尾道フレンド、シンガー・ソングライターの永井くん(←当日は出演&PA)とマサ。
正座で、時おり剣玉をしながら、、、。
(永井くん、写真に問題あったら教えてね。いつでも「拡大」するから!(笑))



「坂のまちフォークコンサート」と題されたイベントに出演。
アナウンスされている開始時間よりも前、午前11時半より上屋倉庫にて。
直前に組んでもらったためプログラムに「青の時代」の名前はなし、、、。

マサと二人で、30分ほどのステージ。
「コーヒーもう一杯!」をギター二本だけでやったのは多分初めてだった。

手拍子に助けられ気持ちよく終わることが出来ました。
お会い出来たみなさん、ありがとう。
CDを買っていただいた方々にも、、、どうもありがとう。
e0068127_1591127.jpg

会場を後にし、昼御飯へ。
目指すは「宇宙一おいしい」と評判の、幻のラーメン屋「フレンド」。
何十人と行列の出来た「つたふじ」や「壱番館」、そして「しゅうさん(朱華園)」さえも横目に流し、海岸通りを東へ向かう。

二年前にツアーで尾道に来た時には閉まっていた、知る人ぞ知る名店(らしい)。
マサと二人でのリベンジ!

ところが見当たらない!
道端で縄跳びをしていた小学生の女の子に訊いたら指差してくれた。
見つからなかったわけがわかった。
暖簾は下げられ、表の「宇宙人の看板」もひっくり返されていたのだ。

しかし、はるばるこのために東京から来た身!?、「喰わでおくべきか!」とばかり、そおっと(笑)覗き込む。
おばちゃん。
入れてくれた。「チャーシュー形悪くてもいいなら、、、」と。

ありがとう!
大盛りを注文。
美味い!抜群に美味い!

雰囲気もいい。近所のおばちゃんち、っぽくて。

なもんで、普通に会話をしていたら、「お店のおばちゃん」が「近所のおばちゃん」に差し入れでもらったらしいカニ(写真)を特別に出してくれた。
三杯酢で頂く瀬戸内のカニ、そして「ワタリ」。
うへ〜、たまらねー。

話がはずんで自己紹介。CDも差し上げる。
するとなんと、スタッフの男の子が「ライブ観ましたよ、やまねこで!」と言ってくるではないか!

彼は、「永井くん」の剣玉の師匠さんだった!
2年前の「本田宗一郎と青の時代 Best 4 Tour '06  LIVE at やまねこカフェ」(→DIARY)を観に来てくれていた!!!
そういえば見憶えがある笑顔だ!!!

(つづく)

眠いというだけの理由で今日はこのへんで、、、。
[PR]
by hondasoichiro2 | 2008-10-26 02:59 | 岡山・広島ツアー '08
10月11日、尾道 <岡山・広島ツアー記 vol.4>
e0068127_18341291.jpg

なんだか、ありえない感じですが、、、、(笑)。
「妙宣寺ライブ」の写真をタイミングよくいただいたので載っけました。

これが<ゴールデン青の時代>!?です(控えめな人二人を含む)。

(てか、むしろ、<金の時代>って言っちゃう? 「この世は金がすべてだあ〜」とかって(笑))

e0068127_18342597.jpg

聖人になった気分。
ではなく、自分の葬式を見てる気分(笑)。

悪くないね!
[PR]
by hondasoichiro2 | 2008-10-22 18:56 | 岡山・広島ツアー '08
10月11日、尾道 <岡山・広島ツアー記 vol.3>
e0068127_102456.jpg

写真は道場破り四人衆!?
左から「青の」和之、マサ、未来。
そして右端の強者は、今回パーカッションでサポートしてくれた松尾兼一。



岡山を早朝に発ち、広島県は尾道市まで車で移動。
650年もの歴史を持つ古刹、「妙宣寺」本堂でのライブ。

「第1回手づくり尾道門前市」というのがおこなわれていた。
素晴らしい天気に、ゆったりとした時間。
門前と境内で繰り広げられている「市」。

途中、屋台で出されていた「塩焼きそば」や「べっちゃーラーメン」を差し入れにいただきながらの3ステージ。
とてもやりやすかった。

最後のセットでは「明日も歩いて行こう」を3回も歌わせていただきました!!!
尾道のみなさん、ありがとうございました。
「明日も歩いて行こう」を今後も御愛唱いただければ幸いです。



ライブ後は、今回のライブでもお世話になった尾道てごう座の田島さんにワッフルで有名な「こもん」に連れて行っていただきました。
ワッフルもコーヒーも抜群においしかった!

そして、「灯りまつり」が始まっている尾道をほんの少し散策。
(下の写真は映画「転校生」で有名な階段です。)

「青の」マサと「青の」ホンダ以外は、最終便で帰京。
広島空港まで彼らを送って行く。

e0068127_104535.jpg

[PR]
by hondasoichiro2 | 2008-10-21 08:39 | 岡山・広島ツアー '08
10月10日、岡山 <岡山・広島ツアー記 vol.2>
e0068127_0431437.jpg

写真は到着した岡山空港にて。

空港から宿へ。
中心部から少し外れた山手のホテルまで。

到着後、昼食。
岡山名産らしい「黄ニラ」のパスタが美味!

チェック・インし、休憩。
17時頃、ライブ会場の下石井公園まで。

サウンド・チェック後、本番は18時半。
吹き抜ける風が、とても気持ち良かった。
45分のステージ。
メンバーの演奏も最高で、予定にはなかったみんなのソロ・パートを追加した。
「コーヒーもう一杯!」での未来ちゃんのピアニカ、マサのギター、、、。umm....ため息。
「オレが」聴きたいがために演奏を延ばしてしまった(笑)。



たくさんの岡山市民のみなさん、とてもあたたかい声援をありがとうございました!

下石井公園プレミアムライブ>。
共演はジェームス西田さん。
[PR]
by hondasoichiro2 | 2008-10-20 01:13 | 岡山・広島ツアー '08