リンク
★新ブログ★
本田宗一郎 in アメブロ

本田宗一郎 ホームページ
トップ
ライブ情報
プロフィール
ディスコグラフィー

本田宗一郎 1st アルバム
「全生活カタログ」

メジャーデビューシングル
「休日の空」
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


本田宗一郎と青の時代
まずはタイトルから。
これは我がバンドの名前です!

「本田宗一郎in青の時代」、「本田宗一郎&青の時代」でもいいのだけど。



昨日は青山の「月見ル君想フ」でのマンスリー・ライブでした。
自分のライブの評を自分で書くと「自家中毒」になりそうなので、リンクを貼らせてもらいます。(→DJ yasuttiの日記(3/30)  Thanks!, yasutti! )
(ライブの感想の書き込みがあまりないのも、ぼくのファンはあまりネットをやらない方々ばかりなのだろう、か?フランス人の友人も常連なんだけどねー。まぁ本田宗一郎みたくアコースティク、いや、アナログなんだろうな、みなさん。)


対バンの方々も素晴らしい。
まずは畠山貴至さん。
奄美がルーツだという彼の歌。楽しんでいる様が良かった。輝いている瞳。
音楽は自由なものなんだ、と感じさせてくれた。
そしてt.Style Soul Session。
先月も対バンだったが、個人的な感想を言えば、今回の方が良かった。
バンドのまとまりを感じた。音でも、見た目でも。
「パスタを茹でてくれる、、、」という曲が好きです。
そして坂本三嘉さん。
弾き語りであんなにも音世界を繰り広げられるなんて素晴らしい。
クールであたたかい。

そして我ら、本田宗一郎と青の時代。
最初の畠山くんが、ステージ上でバンド名を発表してメンバーを驚かせてるのを見て、真似してみた。
ずっと頭のなかにあった言葉。最近作った曲のタイトルでもある。
バンドメンバーは戸惑った顔をしていた。
それをみてヘッヘッヘッ!とうれしく思った。「最初はそんなもんだよ」。
ギターを弾き、ハーモニカを吹き、昔の曲もやった。

最後はサニーペッパーズ。
まとまり、安定感。
いい曲を歌う彼ら。最初に対バンしたとき彼らのCDを買った。
実は泣きそうになる。



そのライブのリハーサル後、本番前の時間に、近くの青山墓地をひとりで散策した。
桜の満開な墓地。


  *
     *

        *


この「DAILY POESY」ファン(?)のみなさんのために、そのときの想いはまた明日書きます。
去年9月から始めたホームページですが、最近アクセスカウンターが一万を越していました。ありがとうございます。

では、出かけなきゃ。
目黒川沿いをチャリンコ飛ばしていこう!

新しい日々のために。
「サヨナラ」をいいに行かなきゃ!
[PR]
by hondasoichiro2 | 2006-03-31 16:23 | ライブ
<< 春雷のあとで 「孤独な君の魂」なんてない、魂... >>