リンク
★新ブログ★
本田宗一郎 in アメブロ

本田宗一郎 ホームページ
トップ
ライブ情報
プロフィール
ディスコグラフィー

本田宗一郎 1st アルバム
「全生活カタログ」

メジャーデビューシングル
「休日の空」
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


失われなかった週末
土曜日と日曜日。
歌の仕事、ふたつ。



10日のセットリスト

>1st Set
1.Christmas Time Is Here Again
2.LIVE LOVE LIFE
3.Sweet & Adult
4.2000 Miles
5.ワンダフル・モーメント
6.Feel Like Makin' Love
7.Baby , I'm Yours

>2nd Set
1.Christmas Time Is Here Again
2.My Sweet Lord
3.La Rua Madureira
4.すべてはすべて
5.Golden Eternity
6.Can't Take My Eyes Off Of You
7.We Have All The Time In The World
8.Love Of My Life
9.Happy Xmas

10日土曜は中目黒のバーでのライブ。
ワインがおいしかった。ついついライブ前に何杯も飲んでしまう。
メンバーの演奏スキルの高さにも改めて驚いた。

ライブ演奏、仲間、ワイン、七面鳥、ツリー、ケーキ、パーティー・ミュージック、
プレゼント、ギャランティー、拍手、合唱、笑顔、、、、。
充足した夜。

赤毛のトイ・プードル「クレヨン」に出会えたのも良かった。



11日のセットリスト

>1st Set
1.La Rua Madureira
2.すべてはすべて
3.スキップ
4.Sweet & Adult
5.宇宙のはじまり
6.Happy Xmas

>2nd Set
1.スキップ
2.ワンダフル・モーメント
3.Love Of My Life
4.すべてはすべて
5.La Rua Madureira
6.宇宙のはじまり

11日は日本橋でのライブ。
2nd ステージが良かった。
そして楽屋が楽しかった。
対バンのコメディアン、「ホール&キッチン」の連中がまた面白かった。
彼らは自分たちのことを「楽屋芸人」と言っていた。確かに楽屋ではみんな結構笑いっぱなしだった。こっちだって負けちゃいなかった。(とはいっても相変わらず「ボケ殺し」だけど。)

そして、或る小学生の女の子との出会い。

彼女は我々のステージを目の前で見てくれていた。ステップ踏みながら。
彼女と楽屋で話したことは忘れない。
とても本質の言葉だけで彼女は話をする。

「きみの魂にぼくの音楽がどんな風に響いたのだろうか?
それはどんな色をしていたのだろうか?それは何を伝えたのだろうか?」

ぼくはきみのために歌った。
きみのタップダンスがとても素敵だったから。

いつかきみがドラムを上手くたたけるようになったら、一緒にセッションしよう。



そしてきょう、人知れず、小さな決断。
誰に言うわけでもない、小さな決断。

でもそんな日々の<小さな決断>の積み重ねで、我々は各々の人生を選択している。

今日の選択。
多分ここから大きく軌道は描かれてゆくだろう。
選ばれなかったもう一つの道からだんだんと逸れて行きながら。

今の場所に安住したくはないから。
仮の住処に、快適さはもう求めない。
自分で退路を断ってゆくのさ。

誰かが頼りになるわけではない、孤独な決断。
ぼくらはいつもそれを行っているんだ。気付かぬうちに。日々、毎日。
[PR]
by hondasoichiro2 | 2005-12-13 05:34 | ライブ
<< エッジ、あるいは回帰線 明日の中目で、愛を歌う(来てー) >>